BON À SAVOIR

ZANSHIN / 残心

Bushido and the Art of Living:An Inquiry into Samurai Values

アレキサンダー・ベネット著

『日本人の知らない武士道』(文春新書926)より。

 

「残心」があるかないかがスポーツと武道との決定的な分岐点になります。「残心は武士道の真髄であると同時に、私の人格形成や生活態度に根源的な影響を与えてきました。残心を知り、わがものとすることで私たちの日々の生活、生き方は変わります。

先人の偉大なる師逹も必ず敵に向かって残心せよ、と教えています。単に敵を斬り倒した後の「敵の不意の攻撃に備えよ」という意味だけではなく、己れ自身を省みることであります。

 

 

https://www.amazon.co.jp/Bushido-Art-Living-Inquiry-Samurai/dp/4866580518/ref=sr_1_1?qid=1554625913&refinements=p_27%3A%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88&s=books&sr=1-1&text=%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88

A Reality Check

常在戦場 ( Jôzai senjô )

Ce mot est une norme spirituelle pour le clan Nagaoka

常在戦場の精神の長岡藩

 

長岡藩(現在の新潟県長岡市)は、「常在戦場」の4文字を藩風・藩訓としています。

「常在戦場(じょうざいせんじょう)」とは、読んで字の如く、「常に戦場にあるの心を持って生き、ことに処す」という意味です。

今でも長岡市に行けば、この「常在戦場」の文字が見られますし、長岡藩軍事総督の河井継之助や連合艦隊司令長官の山本五十六をはじめ、いろんな人が、この「常在戦場」の文字を残しています。


この「常在戦場」が、長岡藩の藩風になったのは、藩主の牧野氏の家風によっています。

牧野氏は、三河国牛久保で名を興した家で、長岡藩初代藩主となる牧野忠成は、徳川十七将に数えられた武将でした。

牧野家の勢力地であった牛久保は、交通の要で、徳川家につく前に今川氏の配下だった牧野氏は、西の徳川・織田氏、北方の武田氏と対峙していました。

今川義元が桶狭間で討ち死にした後、今川家の勢力が衰え始めたため、この牛久保の地に、武田氏や織田・徳川連合軍などが進軍し、牧野氏は常に敵の脅威に晒されることになります。

「常在戦場」の家風が牧野氏に生まれた理由は、こうした四囲に注意せねばならなかった牧野氏の事情によります。


長岡藩には「参州牛久保之壁書」というものがあり、三河国以来の牧野氏の家風を伝えていますが、これにまず書かれているのが、「常在戦場」の4文字です。

牧野氏は、長岡に移ってきてから、明治維新に至るまでの約250年間、この「参州牛久保之壁書」を藩風・藩訓として掲げ続けました。

「常在戦場」は、長岡藩士にとっての精神規範でした。
Ref: http://torasa.fukikou.net/kome100/jouzaisenjou.html

Le katana est aiguisé si finement qu'il peut trancher d'un coup et facilement, une feuille de papier tenue librement à la main, sans que celle-ci se plie, se déchire ou se torde ! lesinstantsjaponais.jimdo.com Katana: Bizen Osafune Sukesada /69,0cm https://meitou.info/index.php/%E7%A5%...

KIDACHI  木太刀

Il existe trois façons nommer ces armes en bois dur généralement du chêne : 

✔︎ Kidachi, nom ancien, traditionnel que nous utilisons dans notre dôjô. 

✔︎ Bokuto, utilisé dans le Japon moderne et plus spécialement pour le kendo 

- Bokken, utilisé en Europe. Pour un Japonais c’est une appellation populaire, du langage parlé.



MOMODACHI WO TORU 股立ちを取る

Pour pratiquer on porte un « hakama » sorte de large pantalon à plis. Pour les combats il pouvait gêner les mouvements rapides des jambes et les positions genoux fléchis. Aussi l’ancienne tradition astucieusement relève les côtés sous la ceinture pour libérer les jambes. A la fin de l’exercice il suffit de rabattre les côtés. C’est ce que nous pratiquons dans notre dôjô.



MUSUBI 結び

L’art de nouer la ceinture ou « musubi » 

Il y a trois nœuds traditionnels.


MUSUBIKIRI

結びきり

- Musubikiri : solide, difficile à dénouer. Utilisé pour le dôjô. Très ancien.    

JÛMONJIMUSUBI

十文字結び

 Jûmonji musubi (nœud en croix) Uniquement pour les cérémonies, pas pour la pratique. Très ancien.

ICHIMONJIMUSUBI

一文字結び

- Ichimonjimusubi utilisé dans le dôjô ; une autre façon de faire un nœud en alternance avec le musubikiri pour que la ceinture de prenne pas un mauvais pli définitivement.